「つなみてんでんこ」とは「津波が来たら、各自てんでんばらばらに
一人で高台へと逃げろ」という意味だといいます。※wikipediaより
また、この言葉は1990年代のあるサミットで語られた言葉がそのまま標語の
ように使われはじめたそうで、「過去の震災体験」を「防災教育」として
変換した事例だといえるのではないでしょうか?

それならば、「じぶんのマチのつなみてんでんこ」を作ったらいい!
まちの人やまちの外の人たちにも来てもらって、防災教育プログラムが作られる。
自分のまちのことは意外と外側からのほうが見えるかもしれないし、
外から来た人はまちの細かい事はわからない。
だからこそ、一緒になって考えればきっと楽しいプログラムができるはず。
DEP(Disaster Education Program)はそんな
ステキな連鎖を作っていこうというプログラムです。

DEP minato
〜あなたとつくる、みなとまちのボウサイプログラム〜

30人
2016年1月30日(土)、31日(日)
みなとまちポットラックビル2階
どなたでも
無料
パソコン・wifiなど ※交通費、食事代などは自己負担になります。

まちの防災課題

西築地学区連絡協議会(防災担当)
町内の防災意識が低いひとでも参加したくなる防災プログラムをつくろう
・長い目で見た防災計画が必要
・町内の防災訓練にもっと参加してもらいたい
・避難所や被災した現場でリーダーシップをとれる人を育てたい
高六青年会
防災を楽しく体験できる子ども向けキャンプをつくろう
・現地で知った、防災の大切さを伝えたい
・防災のイベントの参加者を増やしたい。楽しみながら学んでもらためにキャンプをしたい
慶和幼稚園
季節・学期ならではの防災訓練をつくろう
・毎回内容が似ているので、新鮮な気持ちでできる内容

SCHEDULE

【1日目】
09:45 受付開始
10:00 開始 ごあいさつ / 趣旨説明
①港まちの現状を知る
②ボウサイの課題を知る
12:00 チーム分け / フィールドワーク・昼食
14:00 個人でのアイディア出し・シェア・企画決め
15:00 ブラッシュアップ1
15:30 プレゼンテーション
16:30 ブラッシュアップ2
17:30 1日目クロージング
18:00 終了

【2日目】
10:00 スタート / ブラッシュアップ3
13:00 最終プレゼン
    まちの皆さんの評価タイム・総評
13:50 2日目クロージング
14:00 終了
14:30 クロージングパーティ

運営会社