じぶんのマチの
「つなみてんでんこ」を作ろう

「つなみてんでんこ」とは「津波が来たら、各自てんでんばらばらに
一人で高台へと逃げろ」という意味だといいます。※wikipediaより
また、この言葉は1990年代のあるサミットで語られた言葉がそのまま標語の
ように使われはじめたそうで、「過去の震災体験」を「防災教育」
として変換した事例だといえるのではないでしょうか?
この言葉で多くの命が守られたエピソードはとても有名になりました。

それならば、「じぶんのマチのつなみてんでんこ」を作ったらいい!
まちの人やまちの外の人たちにも来てもらって、
防災教育プログラムが作られる。
自分のまちのことは意外と外側からのほうが見えるかもしれないし、
外から来た人はまちの細かい事はわからない。だからこそ、
一緒になって考えればきっと楽しいプログラムができるはず。
DEP(Disaster Education Program)はそんな
ステキな連鎖を作っていこうというプログラムです。

DEPの流れ

DEP minato

行政、マチの皆さまへ

「毎年同じ防災訓練を繰り返している」
「子ども達により良い防災の知識を学んで欲しい」
「地域の防災訓練には若い人が来ない」

上記のようなお悩みを持たれている行政の皆様、マチの皆様はいらっしゃいませんか?
yamoryではDEPを皆様のマチでも企画・開催致します。

マチの人が中心となり、マチの外の人のアイディアを加える事で、その土地に合った
最適な防災プログラムを作る事ができます。費用や内容など、まずはお気軽にご相談下さい。

運営会社